家を建てるとなると、色々と決めることが発生してきます。
絶対こうしたい!というものもあれば、
要るかもな、一応そうしておくか…と迷いながら決めたものもあります。

今回は、個人的に「これはしなくても良かったかな」と
思ったものを挙げていこうと思います。

まずは、壁紙の色です。
たくさんのサンプルから良さそうだと思って選んで、
壁紙を少し薄い黄色の柄にした事です。
最初の白い壁のままか、漆喰の壁で良かったです。
ヘビースモーカーの知人の家のタバコのヤニで黄色になった壁を見てから、
自分の家の壁もタバコのヤニで黄色になったとしか
見えなくなってしまいました。
サンプルを見ていた時期と今の自分の好みに違いがある事に少し驚きました。

また、ホスクリーンも、不要だったかなと思っています。
ホスクリーンを脱衣場とドライルームの2ヵ所に設置しました。
天井からぶら下げられて便利だと思っていたのですが、使っていません。
洗濯乾燥機を購入して使っており、今のところ
100%処理出来ているからです。
シーツとか大きい物を干すかと思っていましたが、
洗濯乾燥機で意外と大丈夫でした(^-^;

玄関と土間は、タイルよりカッコイイと思ってモルタルにしました。
安いしカッコイイし、白いタイルはすぐに汚れるイメージがあった私は、
なぜみんなモルタルにしないのだろうかと思っていましたが、
クラックが入って、こういう事かとわかりました。
しばらくして濃いめのグレーのタイルに代えました。
コンクリートでもいいかもしれません。

それと、あるのが当たり前だと思って付けたべランダ。
小さなべランダのスペースを設けましたが、全く使っていません。
いつか絶対使うだろうと思う気持ちを、
このまま使わないのではないかと思う気持ちが上回ってきました。
小さなベランダでコーヒーとか飲みながら、
くつろいで過ごす事がないです。
観賞用に植物をベランダで育てるとか、
小さな野菜を育てるのが面倒くさくて、やっていません。
ベランダを無しにして、リビングのスペースを広くした方が良かったです。
小さなベランダでは、何をするにしてもやる気が起きません。

また、冬の足もとの寒さを解消したくて、床暖房を設置しました。
結構、高額で決断するのに勇気がいりましたが…
しかし、年数が経つと必ず不具合が起きて、
高額な修理費用がかかるそうです。
撤去するのも費用がかなりかかるそうですし、
足もとの寒さは我慢して、気密断熱にお金をかけた方が良かったかな、と
今になって少し後悔しています。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

一応つけて見たが、必要なかったもの

投稿ナビゲーション