今回は、家を建てた経験のある知人の話をご紹介します。

僕の実家を建て直したときの話です。

「知人に住宅会社の社長さんがいると有利」

これは僕がそのときに感じたことです。
知人に住宅会社の社長さんがいるととても有利に住宅を建てることができると思います。

僕の母方の祖父の知り合いに住宅会社の社長さんがおり、
祖父が相談をしたところ親身になって相談に乗ってくれました。
本当に有難かったですし、クオリティの高い住宅であるにもかかわらず
お安い値段で家を建てることができました。

このように知人に住宅会社の社長さんがいると
とても家を建てやすいと思います。

知人に住宅会社の社長さんがいる方は
相談をしてみてもいいのかもしれませんね。

「住宅会社は見積りを3社~4社取ってみましょう」

これは祖父の知人である社長さんが言っていたことらしいのですが、
祖父から教えてもらいました。

「うちみたいに知り合いにこういう人(住宅会社の社長さん)が
いればいいけど、いない人は住宅会社の見積もりを
3社~4社取るといいみたいだな」とのことでした。

詳しく話をきいてみると、1社だけでは
その会社のことしか知らないことになるので、相場も分からないし、
費用を余計に吹っ掛けられていることにも気づかないこともあるそうなのです。
これに味をしめて費用を吹っ掛ける住宅会社は現実にあるようです。
そうならないためにも、たとえ時間や手間がかかっても、
3社~4社の見積もりを取ることをオススメします。
見積りを取ることで相場も知ることができますし、
住宅会社の特徴や対応力も分かりますよね。
そして、あまりにも金額に開きのある会社の場合は
突っ込んで質問してもいいと思います。

何よりも、自分の条件に合う会社を見つけることが
素敵な住宅を建てることに繋がるのだと思いました。


京都のおすすめ住宅会社はこちら

住宅会社の選び方について

投稿ナビゲーション