家をつくりたいと思った時、まずなんといっても必要なのは資金です。
そのことから、できるだけ早い段階から資金計画をすることが大切です。
私の場合は、家を作ることが夢だったので、
かなり早い段階から資金計画を行いました。
ここでは、どんな風に資金計画を行ったのかお話します。

・20歳から貯金をした
家が欲しいと思っていたのは、なんと20歳のときです。
そんなに早くから計画をする人は、そんなにいないでしょう。
しかし私の場合は、実家がかなり古く
新築を作る事自体が夢となっていたのです。
そのため、20歳の時からずっと貯金をするようになりました。

・想像すると楽しい
家つくりのために、貯金をするようになってからは
そのことをよく想像するようになりました。
どんな家を作ろうかと、想像するのです。
そしていろいろな家を見学したりして、楽しい日々を送ることができました。
通常は貯金をするとなると、ある程度は我慢をするようになりますね。
私の場合は、家を作るという大きな夢があるので
そのことを一番に考えて、辛いと思うことがありませんでした。

・貯金は多いほど良い
貯金をしていると、どんどん夢が膨らんで来ます。
その結果、いい家を作りたいと思ったら、
やっぱり資金として多いほどいいと思うようになったのです。
そこで、一人で貯金をするよりも協力をしてもらうことを考えていました。

・結婚後は主人に協力を依頼
結婚をしてしばらくは、まだ貯金が十分ではありませんでした。
そこで、家を作りたいということについて、
主人にしっかり話し、協力をしてもらうことにしました。
二人で貯金をすることにより、倍になり
どんどん貯めることができたのです。

・資金計画は大事
家を見学していると、自分には無理だと思う物件が多くあります。
しかしやっぱり、一生住む家として妥協をしたくないのです。
そのため、一番は資金計画が一番大事であると思っています。
それにより、自分の希望を多く叶えることができます。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

家の資金計画は早めが大事

投稿ナビゲーション