住宅を建てる際には、「明るさ」についても
忘れずに考える必要があります。

採光や調光は設計図だけでは分かりずらいこともあり、
何度もハウスメーカーや工務店の人と相談をして決めることが大切です。
注文住宅などは建築中の自宅を見学したり
実地で確認することができるので、
この時に採光がしっかりとできているかどうかを
チェックすることが大切です。

採光に関しては、やはり南東の角地が
日光を取り入れやすくて人気がありますが、
しかし裏を返せばそれは夏場は暑くなる可能性が高いので、
バランスよく考えることも必要です。
立地自体を変えることは難しいこともあり、
窓の大きさや風の通り道を工夫するなど
外部の環境を変えることも大切です。
窓はできるだけ大きければいいというわけではなく、
大きければそれだけ日光が多く入って暑くなったり、
外部から家の中が見られやすくなります。
窓の大きさは採光という点に関してはメリットがありますが、
その他の部分ではデメリットになることもあるのは把握しておきましょう。

採光に関しては実際に入居してみてから
トラブルが発生したというケースも多くあります。
実際に入居してから隣に家が建ってしまい
日光が入りにくくなったり、お隣さんの目があるので
カーテンを常にかけておく必要があるというケースも存在します。

日本には四季があるために、日光の入り具合も
季節によって変化することも把握しておきましょう。
南東の角地は特に冬は日光が入りやすく
ポカポカするため居心地がいいのですが、
夏になると熱が籠ってしまうので対処が必要になります。
こういったことを踏まえて西側の窓は小さくしたり、
他に小さな窓を作るなどで対処する人も最近では増えてきました。
しかし採光のために窓を多くすると、
今度は壁の耐震性が低くなるため、
このあたりに関しては、専門のハウスメーカーや
工務店の人とよく相談をして決めるのをおすすめします。

採光1つでも後々の生活環境に大きく影響をしてくるので、
設計の段階からよく考えて後悔しないようにしましょう。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

採光についても忘れずに

投稿ナビゲーション